高知県れいほくの間伐材製品製作、焼酎製造、人材育成、グリーンツーリズム

間伐とエコの関係

間伐は森を強くする

school02_1

森に苗木を植えてから 15 ~ 20 年位経ち、木々が成長してくると、林の中が混み合い、隣どうしで枝葉が重なりあうことが多くなります。この状態ではそれ以上枝・葉を広げることは難しくなり、お互いに成長を阻害してしまいます。
そこで一部の木々を抜き伐ることで枝葉を広げる空間をつく ってあげます。残された木は枝葉を広げることができ、より多くの光が降り注ぐようになって、健全に成長することができます。
このように混み合ってきた木々の一部を抜き伐る間引き作業を「間伐」といいます。

間伐は森を守るためには欠かせない

school02_2

間伐は健全な木を育て、森林を強くします。間伐を行うことにより、残った木は幹が太く枝葉がしっかりとした健全な木に育ちます。結果、天災にも強い健全な森となります。
間伐を行わないと、下枝が枯れ、ヒョロ~としたモヤシ状になってしまいます。こうなると、風雪害を受けやすくなり、時には壊滅的な被害を受けることもあります。

森は天然の保水湖

school02_3

間伐により森林の持つ公益的機能を発揮させます。間伐を行うことにより、林内に光が入り、下層に植生が生じます。これにより、森の土壌が守られると共に生物の多様性につながります。
また、雨水が土壌へ浸透する量も多くなるため、水源かん養機能が向上します。さらに、間伐された森林では、残された木々の成長が促進されるため、二酸化炭素をたっぷり吸収し、温室効果ガスの削減機能も発揮します。
間伐を行わない暗い森では、地表がむき出しとなり、雨などとともに土が 流れ去り、根がむき出しとなり、土砂崩壊の起きやすい森林となってしまいます。

人と地球に優しい木のはたらき

school02_4

間伐を行うためには、多くの費用が掛かります。そのため、間伐材が使われない、売れない状況だと、間伐がなかなか進みません。
間伐材を含む木材を有効利用することは、適切な森林の状態を保ちます。また、「植える→育てる→収穫する→また植える」という森林のサイクルがうまく循環することにも繋がり、

● 水を蓄える
● 二酸化炭素を吸収する
● 土砂災害を防止する

といった森林の持つ大切な機能が十分に発揮されるようになります。

お気軽にお問い合わせください TEL 木材加工事業0887-76-3355 / 焼酎事業 0887-72-9900 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ばうむ合同会社 All Rights Reserved.